"ジブン専用PC&タブレット U1"がやってきた!

こんにちは。新しいもの好きなえすぼうです。本日新発売となったドン・キホーテの新型Windowsタブレット"ジブン専用PC&タブレット U1"RM-A107-SRをご紹介します。


f:id:skawaba0719u:20190607135712j:image

スペックなどは他のサイトが紹介してくれているので、実際に使った使用感や、気になったところ、皆さんが気になるところ、残念なところを書いていこうと思います。急いで皆さんにお伝えするために、随時更新していく予定です。

やったぜ!バージョン1903にアップグレード成功しました!f:id:skawaba0719u:20190607190037j:image

今回は容量が2倍の64GBに進化したので、Windows Updateなどがカンタンにできるようになりました。タッチ操作だけで、容量に悩まされることもなく、1809から1903に更新することもできました。これはすごく便利!(本当はこれが当たり前なんだけどね)

動画の全画面再生についてf:id:skawaba0719u:20190607140148j:image

今回はYouTubeでテスト。全画面に移行する際に少しカクつき、画面が少し乱れてしまいますが、すぐに復帰してちゃんと映像が再生されます。720pまでは安定して再生できました。

Micro SDカードの抜き差しがカンタンに

f:id:skawaba0719u:20190607140553j:image

新しくMicro SDXC 256GBまで認識できるようになったカードリーダーですが、今回は従来のSIMカードのようにピンを刺さないと取れない仕組みが廃止され、スグに抜き差しができるようになりました。前作の"3"は防水じゃないくせにやたらとSDカードが過保護でしたもんね。

キーボードは頼りない...でもキーの打ち心地はなかなかの良さ


f:id:skawaba0719u:20190607140925j:image

キーボードはプラスチック製ですが、いろいろ心配な部分が見つかりました。

上の画像はマウスのレシーバーを刺したキーボードの様子です。画像ではすごくわかりにくいのですが、キーボードの右上の部分と左上の部分が微妙に曲がった構造になっていました。元から変に曲がっているのかなと思っていましたが、元々このような構造みたいです。


f:id:skawaba0719u:20190607141158j:image

ヒンジは根本の繋ぎ目に微妙な隙間がありました。でも、かなりしっかりとした作りになっています。ヒンジはタブレット本体を刺さないとかなり固くて動きません。


f:id:skawaba0719u:20190607141524j:image
タブレットをがっちり支えてくれるので、けっこういい感じですね。


f:id:skawaba0719u:20190607141606j:image

相変わらずの変態配列です。ですが、キーは思ったよりも深く押せるので打ちやすいです。入力の遅延も感じられませんでした。

ここが決め手!余裕のあるストレージ容量

初期状態からアカウント連携をし、ゲームをすべて削除した状態の空き容量がこちらです。


f:id:skawaba0719u:20190607141846j:image

やっぱりストレージ容量が64GBに増えたのはいい進化。空き容量が前より明らかに多いです。これなら、大型アップデートも問題なくできそうです。また、ストレージが圧迫されていないので、けっこう動作も早めです(あくまで私の体感で、個人差があります)

スピーカーは右側だけ?f:id:skawaba0719u:20190607145514j:image

本体の右側にスピーカーが搭載されています。音割れもなく普通に音が出るので問題ないのですが、一つ気になる点がありました。f:id:skawaba0719u:20190607145612j:image

実は左側にもスピーカーと思われる穴がありますが、ここからは何も音が出ません。マイクだと推測されますが、説明書には何も記載がありませんでした。他の方のレビューも見ましたが、やはりこの部分だけは何も説明がありませんでした。謎です...

充電ランプは見やすい前面に


f:id:skawaba0719u:20190607183939j:image

充電中のランプは側面から前面に移動されました。今のところは不具合ないようです。

マウスカーソルがたまにバグるf:id:skawaba0719u:20190607212159j:image

家にあったワイヤレスマウスを使っているのが問題かもしれないのですが、たまにマウスカーソルの位置が変なところに変わります。でも、また動かしたら元に戻ります。単なる処理の遅延かもしれません...

本来のマイクの位置

f:id:skawaba0719u:20190608141122j:plain

説明書を確認したところ、マイクがこんなところにあることがわかりました。

f:id:skawaba0719u:20190608141223j:plain

画像では見えないのですが、実際に若干外枠が微妙に膨らんでいました。製造ミスかと思っていましたが、どうやらこれがマイクのようです。

ACアダプターがめっちゃ細い

f:id:skawaba0719u:20190608141440j:plain

このタブレットはUSB充電に対応していないので、付属のACアダプターを用いて充電するのですが、薄型化のためなのか、端子はかなり細いものが採用されていました。頼りなく感じますが、全く同じ細さの端子から12Vで充電するスマイルタブレット2が存在するぐらいなので、まともに充電できるようです。いわゆる中華タブレットではこのような端子が比較的多く採用されているようです。

Windows システム評価ツール(エクスペリエンス インデックス)の結果f:id:skawaba0719u:20190608005151j:image

最低スコアは2.9でした。やはり、Intel内蔵グラフィックだけでは非力のようです。それ以外のスコアもまずまずな結果となりました。

CPU-Zをチェック

f:id:skawaba0719u:20190608005313j:imagef:id:skawaba0719u:20190608005431j:image

スペック表の表記が変わっていましたが、前回に引き続きIntel Atom x5-Z8350が使われているようでした。

f:id:skawaba0719u:20190608005455j:image

MecerというメーカーのMW10Q15用のマザーボードが搭載されているようです。BIOSは起動画面のとおりAmerican Megatrends製です。

ちなみに、Mecerというメーカーは南アフリカヨハネスブルグあたりにあるようです。f:id:skawaba0719u:20190608010027j:image

メモリはDDR3 4GB。ちゃんと認識しているようです。

f:id:skawaba0719u:20190608010053j:image

グラフィックは先述の通り、Intel内蔵グラフィックです。

 

###このパソコンについて気になることがありましたら、お気軽にコメントしてください。簡単なことなら検証いたします。###

マツモトキヨシの新作エナジードリンク「ボディアンドソルト」がまたまたヤバいやつだった件

こんにちは、エナジードリンクを毎日楽しんでいるえすぼうです。

今回は、マツモトキヨシプライベートブランド"matsukiyo"で販売されているエナジードリンク「EX STRONG エナジードリンク」(”エクストロング"と読むらしいです)の最新作、「ボディアンドソルト」を買ってみました。

f:id:skawaba0719u:20190525234256j:plain

マツモトキヨシのオリジナル商品は、全てこのようにスタイリッシュなパッケージをしています。今回は青色で登場しました。

f:id:skawaba0719u:20190525234322j:plain
f:id:skawaba0719u:20190525234332j:plain

カフェイン65mg、アルギニン200mgという桁違いの成分(一般的なエナジードリンクの約1.5~2倍の配合量)はそのままに、今回はクエン酸と沖縄の塩が含まれているとのことです。余談ですが、”沖縄の~”を意味する英単語って"Okinawan"なんですね。初めて知りました。

マツキヨといえば着色料。EX STRONGシリーズは写真映えを狙っているためなのかはわかりませんが、必ず着色料が入っています。今回は赤102号と赤106号が入っている模様です。ちなみにこれら2つの着色料は、けっこうヤバい分類らしいのですが本当なのでしょうか...

f:id:skawaba0719u:20190525234504j:plain
f:id:skawaba0719u:20190525234659j:plain

開けたらやっぱり中身がすごかった!

写真ではオレンジ色に見えますが、ピンクに近い赤色の液体が姿を見せました。相変わらず缶の色と中身の色が全然違うマツキヨらしさ。

奇抜な味をしていることで有名なマツキヨ。今回の味はどんな感じなのか、実際に飲んでみたところ、グレープジュースのような味がしました。わかりやすく言うと、サンガリアのグレープジュースや、今のファンタグレープに近い印象。思ったよりおいしかったです。でもやっぱり着色料ガンガンな故に歯がしみます。それだけは逃れられない地獄。

f:id:skawaba0719u:20190526230955j:plain

これでマツキヨのエナジードリンクは色とりどりの5色が揃いました(紫のラブ&ピースは生産終了のため在庫限りですが...)。今後もたくさんのヤバいエナジードリンクが出てくるでしょう。私はヤバいものが大好きなのでこれからも飲んでいきたいと思います。

まさかのアイス第二弾が登場!赤城乳業「おおすぎ~。やりすぎクッキーアイスバー」レビュー

前回の更新から少し間が空いてしまいました。その間にいろいろと面白いことがあったのでこれからたくさん記事にしようと思います。

今回ご紹介するのは、セブン-イレブンにまた現れた"ヤバい"アイスクリームです。

f:id:skawaba0719u:20190511224707j:plain
f:id:skawaba0719u:20190511224717j:plain

その名も「おおすぎ~。やりすぎクッキーアイスバー」。例のように単色のパッケージに大きく"おおすぎ~。"と書かれています。そして、もはや恒例の注意文がこちら。

本製品は、ココアクッキーを多く混ぜ込んだ製品*となっております。

クッキーが歯に付着するおそれがありますので、デート前にはご注意ください。

※当社クッキーアイスバーと比べて 

 とうとうデート前の配慮をする予想を超えた注意文。前置きはこの辺にして、袋を開けてみましょう。

f:id:skawaba0719u:20190511224735j:plain

アイスの形自体は前回の「さわやかすぎ~。」と同じ。それにしても、小さなクッキーがすごくたくさん入っているのがわかります。今回はまだマシだと思ったので、すぐに食べてみました。

f:id:skawaba0719u:20190511224854j:plain

......!!!!!!!!!

味は普通においしい。だけど、

無数のクッキーが口の中に侵略していく!!

(あくまで個人の感想です)

あまりにも多く、食べてみたら意外と大きめだったクッキーがアイス以上に存在を主張してきます。おいしいけど、アイス自体の味がわからなくなるほどクッキーが割り込んできます。しかも歯にめっちゃ付く。

これはカップルの皆さん要注意ですよ。だけど、うどん屋でねぎや天かすを山ほど乗せるのが好きな私にとっては非常に好みです。どうかこれからもジャンジャンやってください。

まさかアイスの第二弾を出してくるとは全く思っていませんでした。

次は夏なので、個人的にはフルーツ系の味が来るのかなと思っています。今回もさわやかすぎ~。のようにすぐ消えると思うので、今のうちにたくさん食べようと思いました。もう次の商品が楽しみです。

 

100均マウスに第3の刺客。グリーンオーナメント「PC マウス」を買ってみた

こんにちは。プチプラガジェットが大好きなえすぼうです。

今回は、100円ショップのワッツに行って見つけたマウスを買ってきました。

f:id:skawaba0719u:20190327021148j:image

その名も"PC マウス"。非常にシンプルなマウスです。お値段は324円(税込)。今までダイソーにしかなかった300円マウスが、ついにほかの100円ショップに現れたのです。ちなみに、これよりも一回り小さい"ミニマウス"もあったので、また機会があったら買って紹介しようと思います。

f:id:skawaba0719u:20190327021233j:image

裏に詳細が書かれています。WindowsMacのほか、LinuxAndroid OTGでも動作するようですが、動作確認をしていないようで"サポート対象外"と書かれていました。

f:id:skawaba0719u:20190327021616j:image

こちらがマウス本体。つやのないブラックです。ABS樹脂でできているので非常に軽いです。左右非対称なのが個人的に嬉しいですね。今まで左右非対称の100均マウスを見たことがなかったので驚きました。

ボタンは3つ。左右のボタンとホイールのボタンがついた一般的な構成です。ちなみにホイールの下にもボタンがあるように見えますが、ダミーです。それっぽく見せているだけで、ただの凹凸です。これはちょっとがっかり。

f:id:skawaba0719u:20190327021954j:image

サイドには丸い凹みがたくさんあるので持ちやすさに優れています。

f:id:skawaba0719u:20190327022053j:image

 

裏面です。特に変わったものもなくとてもシンプル。やっぱり光学式はいいよね。ボール式で育った人間にとってはすごく使いやすく感じます。

ちなみにちゃんとFCCマークやCEマークもあります。

f:id:skawaba0719u:20190327022217j:image

キッチン用のはかりでマウスの重さを計測した結果、54.5gでした。やっぱりすごく軽いです。

f:id:skawaba0719u:20190327022318j:image

分解してみました。上下の部品はネジ1本で固定されています。

スイッチが3つと、コンデンサや抵抗・赤LEDが繋がっていました。抵抗とLEDは増設できるみたいです。何に使うんだろう...

f:id:skawaba0719u:20190327022641j:image

マウスのスイッチは、CHCYA製が使われていました。紛らわしいですが梅酒じゃないです。

クリック感はけっこういいです。普通にカチカチという音が鳴ります。

f:id:skawaba0719u:20190327022833j:image

マウスを実際にノートパソコンに繋いで使ってみます。USB端子がけっこう固い。ダイソーのスピーカー並みに固いです。(個体差かな...?)

f:id:skawaba0719u:20190327022947j:image

赤色のLEDが光りました。正常に動作しています。"USB OPTICAL MOUSE"という名前で認識された後、Microsoft純正の"HID 準拠マウス"のドライバが割り当てられて動作することができました。

1000dpiということもあって、かなり感度は高いです。3ボタンですがゲームにも向いているんじゃないかなと思います。私は高めの感度が好きですが、8年前にマウスの感度が高すぎて1週間ぐらい筋肉痛を起こしたことがあったので、"好きだけど痛くなる"という何とも気持ち悪い状況になります。

f:id:skawaba0719u:20190327023619j:image

私自身は手があまりでかくないのですが、フィット感はけっこういいと感じました(やはり個人差はあります)。

マウスパッドはダイソーのハンドレスト付きマウスパッド。なかなかいいです。ハンドレストは少し硬めのものが好まれる傾向がありますが、私はもう少し柔らかめのものが好みです。(持ってないけどナカバヤシのcopainとかが好み)

100円なのでジェルとかも入ってなくてふにゃふにゃしていますが、個人的にはけっこう好みです。

f:id:skawaba0719u:20190327024339j:image

300円の有線マウスの中でも、特に実用性に優れたデザインなので高く評価したいです。愛用しているThinkPadトラックポイントが調子悪いので、最近はマウスを使っていますが、これでいいなと思いました。安いのでガンガン使える。これからも愛用していきたいと思います。

極端なアイツが、アイスになって再び降臨。赤城乳業「さわやかすぎ~。やりすぎチョコミントバー」レビュー

皆さんは、覚えていますか?かつて、セブンのお菓子売り場を彩った、奇妙な"ヤツら"を。

~~あ ら す じ~~

パッケージは擬音だけ。味の詳細は全くナシ。

ミステリアスなポテトチップスが突如全国のセブン-イレブンに現れた。

袋を開けると強烈なにおいが瞬く間に辺り一面に広がり、

一口食べると舌に強烈な攻撃を食らわせる超濃厚な味わい。

世間を賑わせた、あのポテトチップスたち。

人々が彼らの存在を忘れてしまっていたその時、

彼らのDNAを受け継ぐ「アイスクリーム」が、

突如セブン-イレブンに現れたのだった。

 

長ったらしい冗談はさておき。今回は赤城乳業セブン-イレブンで販売している「さわやかすぎ~。やりすぎチョコミントバー」をご紹介します。

f:id:skawaba0719u:20190306055457j:plain
f:id:skawaba0719u:20190306055504j:plain

パッケージは、単色の背景に「さわやかすぎ~。」の文字。あのポテチを思い出すパッケージですが、今回はしっかり中身の内容と写真が公開されています。それにしても、このシリーズもう擬音関係無くなってきてる気がする。

今回も物騒な注意書きが書かれています。

本製品は、強いミント味がする製品となっております。

ミント味が苦手な方や小さいお子様は、十分ご注意ください。

でも、今回は味がわかっているので安心して食べられます。早速袋を開けてみましょう。

f:id:skawaba0719u:20190306055522j:plain

一見よくあるチョコミント味のアイスバーです。先端が丸みを帯びています。それでは食べてみましょう。

f:id:skawaba0719u:20190306055534j:plain

......!!!!!!!!!

なんだこれ...ミントが強すぎる...

苦い、むしろ苦いぞこいつは...!!

(あくまで個人の感想です)

 チョコミントヘビーユーザーの私は、濃厚なチョコミント味を受け入れられるはずだと思っていましたが、あまりにもミントの割合が高すぎてむしろ苦味を感じます。パッケージ通りの"やりすぎ"でした。

食べ終わってから30分経ちますが、未だに口の中がチョコミントまみれです。これはすごい。早朝に食べたのでいい目覚ましになりました。

 

ポテトチップスの擬音シリーズから始まったこのシリーズですが、まさかポテチからアイスに進出するとは思っていませんでした。次に何が来るのか全く予想がつきません。次回作がすごく楽しみです。

 

*** 追記 2019/ 3/27 ***

この記事を書いてから3本ぐらい食べてすっかりハマっていましたが、突如売り場から姿を消してしまいました。セブンの商品紹介ページも抹消されています。さわやかすぎ~伝説は、早くも終焉を迎えるようです。悲しいなぁ...

インテリアに最適! ダイソーの400円ミニ加湿器を購入してみた

早いことで今年も3月になってしまいました。私は最近頭痛がよく起こるようになり、バイトもうまくいかずに憂鬱な気分です。

そんな中、今回は、ダイソーで400円で販売されていた加湿器を購入してみました。

f:id:skawaba0719u:20190305163644j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305163652j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305163659j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305163704j:plain
いつものダイソーパッケージ

ダイソーの入り口付近にたくさんのミニ加湿器が陳列されていました。今回私が買ったのは"しずく型"の加湿器ですが、他に柑橘シリーズや動物シリーズがありました。

f:id:skawaba0719u:20190305163736j:plain

内容物

箱の中には、本体・USBケーブル・最初から折れ曲がっている説明書が入っていました。

f:id:skawaba0719u:20190305163751j:plain

本体には説明書と同じ注意が書かれたシールが貼っていました。水で濡れてボロボロになるのが嫌なので今回は剥がしました。

f:id:skawaba0719u:20190305164128j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305164132j:plain

上部には電源ボタンとUSB端子があります。ボタンは安っぽいですがクリック感があって個人的には好きです。

f:id:skawaba0719u:20190305164029j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305164032j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305164339j:plain

上部を捻って外します。加湿器ユニット・給水芯・LEDライトはすべてここに集約されています。給水芯も外せました。

f:id:skawaba0719u:20190305164036j:plain

タンク部の底にはバネが固定されていましたが、何に使うのかはわかりませんでした。

f:id:skawaba0719u:20190305164452j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305164507j:plain

パッケージに"約250ml"と書かれていたので、軽量コップを経由して250mlの水をタンクに注ぎます。

f:id:skawaba0719u:20190305164209j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305164603j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305164609j:plain

USBケーブルは100均でよくあるごわごわしたケーブルで、バリもありました。何の変哲もない100均ケーブルです。USB端子なのでパソコンからの給電でも使えます。

f:id:skawaba0719u:20190305180807j:plain

 電源を入れると、すぐに動きはじめました。もう一度ボタンも押すとライトも点灯しました。オレンジ色のLEDのようです。

超音波式の加湿器で、かつ流行りのしずく型ですが、さすがにアロマは非対応みたいです。

f:id:skawaba0719u:20190305180814j:plain
f:id:skawaba0719u:20190305180832j:plain

ちゃんと水が出てきています。音もかなり静かです。これが400円(税抜)です。もう一度いいます。400円です。かなりクオリティが高くて驚きました。

実際に動作している様子を動画にしました。


ダイソー 400円加湿器

2019年も面白い商品を出してきたダイソー。今後の展開に期待しています。

料理ができない人が「大人のボリューム弁当」を適当に再現するとこうなる

こんにちは。今回は、かつてテレビCMが話題になった「大人のボリューム弁当」を再現してみました。

f:id:skawaba0719u:20190212141929j:plain

100円ショップで購入した弁当箱(2個で108円)

ただ中身の料理を再現しても何も面白くないので、100円ショップで2個入りで売っていたプラスチックの弁当箱を購入しました。実際に使われていた仕切りの形とはかなり異なりますが、見た目がすごくコンビニ弁当に近いのでこれを採用しました。

 

スーパーで食材を買ってきました。まずはコロッケを作る作業をします。じゃがいもを2つ買いました。

f:id:skawaba0719u:20190212152449j:plain
f:id:skawaba0719u:20190212153348j:plain

適当に皮をむいてから、水を入れた鍋に入れてからIHの電源を入れて、しばらく放置します。その間に焼き鮭を作ります。

f:id:skawaba0719u:20190212150639j:plain

鮮魚コーナーによくある塩漬けされた鮭の切り身を買いました。

f:id:skawaba0719u:20190212150610j:plain
フライパンに油をたらします。本来はグリルで調理するのが理想的ですが、我が家のグリルの使い方が全くわからないのでフライパンで焼きます。

f:id:skawaba0719u:20190212150722j:plain
f:id:skawaba0719u:20190212150850j:plain

鮭を入れます。3分ほど中火で焼いた後、水を少し入れて蓋をします。とりあえず蒸したらいいらしい。

f:id:skawaba0719u:20190212151418j:plain

こうしてできたのが、今回ドゥーン!する鮭です。ただ、サイズがでかすぎたので後から切っています。写真は切った後です。

f:id:skawaba0719u:20190212150427j:plain
f:id:skawaba0719u:20190212152123j:plain

コロッケに入れるひき肉を炒めます。今回は安い外国産を使用します。鮭で使った油を別の容器に移してから、強火で手早く炒めます。色が変わったらIHを止めます。できあがったら一旦置いて、ちくわの作業に入ります。

f:id:skawaba0719u:20190212154623j:plain

天ぷら粉と水をそれぞれ大さじ2杯ぐらいいれて、それに青のりを小さじ2杯入れて混ぜます。

f:id:skawaba0719u:20190212155620j:plain

それっぽい大きさにカットしたちくわに、先ほど作った衣をたっぷりつけてから、170度の油に入れます。2分ぐらい経ったら取り出して出来上がりです。

続いてコロッケを作ります。30分茹で続けたじゃがいもを取り出して潰して、ひき肉を混ぜてからこねます。(ここらへんは写真を取り忘れました...)

f:id:skawaba0719u:20190212161433j:plain

適当なサイズにします。写真の状態はでかすぎるので揚げる際にこね直しています。

f:id:skawaba0719u:20190212161432j:plain

卵とパン粉を用意して、コロッケに卵をかけた後そのままパン粉をまぶします。そして先ほどの油に入れます。(iPhoneの充電が切れたため写真を取り忘れました...)

f:id:skawaba0719u:20190212162356j:plain

2分たったら取り出します。写真は試しに作ったものですが普通においしかったです。

f:id:skawaba0719u:20190212164359j:plain

卵を2つ割ってときます。それに醤油をほんのちょっとだけ入れます。

f:id:skawaba0719u:20190212164904j:plain

卵焼き用のフライパンで焼きます。形が悲惨ですが焦がすことなく焼けました。

f:id:skawaba0719u:20190212165232j:plain

きんぴらごぼうを用意します。さすがに作れないので妥協しました。

f:id:skawaba0719u:20190212165634j:plain

続いて漬物です。元の画像が少ないのでわかりませんが、おそらく福神漬けなので今回は福神漬けを用意しました。同じくトップバリュで妥協します。

f:id:skawaba0719u:20190212165327j:plain

続いてコシヒカリを用意します。家にあったお米がコシヒカリじゃなかったので、サトウのごはんです。

f:id:skawaba0719u:20190212165921j:plain

コシヒカリをドォーン!します。満足するまでたっぷり詰めます。1パックまるごと入れたらポプ弁みたいになってしまうので少し残しました。残ったお米もおいしくいただきました。

f:id:skawaba0719u:20190212165422j:plain

のりの下にかけるおかかふりかけはこちら。一番それっぽいものを求めてなんとなく近商ストアに行って買いました。

f:id:skawaba0719u:20190212170039j:plain

まんべんなくふりかけをかけた後、ついに海苔をペロォーンさせます。

f:id:skawaba0719u:20190212170547j:plain

ペロォーンさせるために、水を少し染み込ませてからご飯の上にのせます。

 

f:id:skawaba0719u:20190212170617j:plain
f:id:skawaba0719u:20190212170949j:plain

最後にフタパッカーン!

制作時間2時間、ようやく弁当が完成しました。

f:id:skawaba0719u:20190212173419j:plain

伝説のお弁当がついに形になりました。当時、この弁当は税込298円で売っていました。かなり安いです。

am/pmには2回ぐらいしか行ったことがなかったのであまり思い入れはないのですが、CMはなんとなく見たことあるなと思っています。もっと早く生まれていれば、実際のお弁当を食べることができたのかもしれません。

 

ちなみに、今回の料理でかかったお金は956円でした。

儲からないっていうレベルじゃないです。

 

...テスト当日に何やってたんだろう俺は...

 

揚げ物は初挑戦でしたが、特に大きな失敗もなくうまくできたなと思っています。満足感でいっぱいです。

これを機に、さまざまなマニアック料理を作っていこうと思っています。次回(たぶんない)をお楽しみに。ありがとうございました。