マクドナルドのベーコンマックポーク(マクポ)を食べてみた

今回は、マクドナルドでかつて販売されていた100円メニュー"マックポーク"が数年ぶりにレベルアップして帰ってきたので、早速食べてみました。

f:id:skawaba0719u:20180705185307j:image

このフォント、見覚えないですか?そう、新しいマックポークは、単品200円の"おてごろマック"枠で販売されるのです。100円だったマックポークが200円になった理由。それは1枚のベーコンです。なんとマックポークにベーコンが入った"ベーコンマックポーク"として生まれ変わったのです。なお、これにより約1年4ヶ月販売されてきた"しょうが焼きバーガー(ヤッキー)"が入れ替わる形で販売終了となりました。ちなみに"ヤッキー"は英語で「まずい」を意味するスラングらしい。

 

新しいマックポークを受け入れる声や、「昔売っていた100円のマックポークを出してほしい」、「ベーコン1枚で100円は高いよ」など、様々な声が上がっていましたが、私は個人的に今回のベーコンマックポークにはすごく期待していました。

f:id:skawaba0719u:20180705190009j:image

今までのマックポークに、そのままベーコンを乗せただけなので、基本的な味は変わっていないはず。そう思って実際に食べてみましたが、ソースの味が濃くなっていました。個人的には、昔のマックポークからかなり変わっていたのが少しショックでした。だけど、これはこれで食べ応えがあってすごくおいしかったです。

今後も変わり続けていくおてごろマック。けっこうメニューの入れ替わりが激しいので、食べたいと思った方はなるべく早く食べたほうがいいと思います。